トヨタ カムリ モデルチェンジ情報|最新情報まとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トヨタ カムリが2017年にモデルチェンジするという情報があります。
海外でも人気の高い、トヨタ カムリ。
モデルチェンジでどのように生まれ変わるのでしょうか。

トヨタ カムリ モデルチェンジ!

トヨタ カムリってどんな車?

初代カムリが発売されたのが、1986年8月。
現在日本ではハイブリッド車として販売されています。

日本市場では販売台数があまり多くない、カムリ。
しかし世界市場における人気は絶大!
特に北米での人気が高く、全世界で累計1,000万台以上を販売している、ベストセラー車です。

現行モデルのカムリは2011年9月に発売を開始しました。
この9代目モデルから日本国内ではハイブリッド専用車種となり、燃費が向上しました。
11,4km/Lから、23,4km/Lまで燃費は向上。

img_camry_9model_500
出典:トヨタ自動車

トヨタ カムリのエンジン

現行モデルのカムリに搭載しているエンジンは「2,5L 直列4気筒DOHCエンジン」です。
モデルチェンジでは「2,0L 直列4気筒ターボエンジン」が搭載されるのではないかと期待されていますが、現時点では引き続き「2,5L 直列4気筒DOHCエンジン」が搭載される予定です。

【カムリ予想スペック】
エンジン:2,5L 直列4気筒DOHCエンジン
最高出力:160ps/5700回転
最大トルク:21.7kgf.m/4500回転
モーター:2JM型
モーター最高出力:143ps
モーター最大トルク:27.5kgf.m
全長/全幅/全高 4,880mm×1,840mm×1,430mm   ホイールベース:2,825mm

新世代プラットフォームTNGAを搭載

新世代プラットフォームTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を搭載。
商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成する為に開発されたプラットフォーム。
開発費削減・部品点数削減・製造コスト削減・工期短縮を効率よく行うことで、全てのアイテムのコストパフォーマンスの向上が可能になります。

クーペスタイルに変更

現行モデルのカムリとは大きく異なる、クーペ調のスポーツセダンスタイルに生まれ変わると言われています。

「Toyota Safety Sense P」を採用

最新の衝突回避支援パッケージToyota Safety Sense P」を採用予定。

  1. プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
  2. レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  3. オートマチックハイビーム
  4. レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

燃費向上

現行モデルの燃費は23,4km/L(JC08モード)ですが、目標燃費:30,0km/L以上(JC08モード)と言われています。

まとめ

トヨタ カムリ モデルチェンジ情報はいかがだったでしょうか。
最新情報がわかり次第、更新予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。