新型 マツダ CX-5が2017年2月に発売予定!最新情報をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発売から常に高い人気を誇っている、マツダ CX-5。
そのマツダ CX-5が2017年に初のモデルチェンジをするという情報があります。
この記事では、2017新型マツダ CX-5の情報をまとめました。

2017年マツダ CX-5が初のモデルチェンジ

マツダ CX-5ってどんな車?

2012年2月に発売を開始した、クロスオーバーSUVです。
マツダ CX-7の後継車として誕生しました。

2012年2月当時マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)」を初めて全面採用されました。

「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)」を用いた、「クリーンディーゼルエンジン」が搭載された、CX-5は高い燃費性能・高い走行性能の両立に成功しました。
マツダ CX-5は、新世代クリーンディーゼル車の代表的存在です。

マツダの最新技術が詰まったCX-5は、低価格で販売されたこともあり、人気車種となりました。
2015年4月までに、国内外累計生産台数が100万台突破しました。
また人気・優れた性能から、2012年・2013年日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

img_cx5_2model_500
出典:マツダ

マツダ 新型 CX-5の発売時期は?

2017年2月が濃厚。
現行モデルのCX-5は2016年11月16日に生産終了となります。

マツダ 新型CX-5 2016年11月発表!!

マツダは10月27日、ロサンゼルスで11月16日に開幕する、「ロサンゼルスモーターショー」にて、「新型 CX-5」を世界初公開すると発表しました。

世界初公開まであと約1週間。
待ち遠しいですね!

img_cx-5_2017_500
出典:マツダ

マツダ 新型 CX-5に、2,5L ガソリンターボ搭載か。

現行モデルの2,0L 直列4気筒DOHCエンジンと2,2L 直列4気筒ディーゼルエンジンはそのまま搭載されます。
今回のモデルチェンジでは、新開発 SKYACTIV2技術を使用した、2,5L ガソリンターボが追加されると言われています。

予想エンジンスペック

【SKYACTIV-G 2,5T】

  • エンジン:2,5L 直列4気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力:230ps/5000rpm
  • 最大トルク:43,0kgf.m/2000rpm

【SKYACTIV-G 2,0】

  • エンジン:2,0L 直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力:155ps/6000rpm
  • 最大トルク:20,0kgf.m/4000rpm

【SKYACTIV-D 2,2】

  • エンジン:2,2L 直列4気筒ディーゼルエンジン
  • 最高出力:175ps/4500rpm
  • 最大トルク:42,8kgf.m/2000rpm

 

  • 駆動方式:FF/4WD
  • トランスミッション:6速AT

マツダ 新型 CX-5 気になる燃費は?

現行モデル SKYACTIV-G 2,0の燃費は16,4km/L(JC08モード)です。
新型は燃費を向上し、予想燃費は20,0km/L(JC08モード)です。

マツダ 新型 CX-5 予想ボディサイズ

全長×全幅×全高 4,560mm×1,840mm×1,700mm

【現行モデル ボディサイズ】

全長×全幅×全高 4,540mm×1,840mm×1,705mm

若干、大きくなるようです。

マツダ 新型 CX-5 予想デザインは?

新型CX-9と新型CX-4に似たデザインになるようです。

【新型CX-9】

img_cx-9_500
出典:マツダ

【新型CX-4】

img_cx-4_500
出典:マツダ

安定性向上

2016年7月にマイナーチェンジをした、「アクセラ」に搭載された、「駆動制御システム G-ベクタリングコントロール」が搭載されるようです。

駆動制御システム G-ベクタリングコントロールとは?
コーナリング時などでエンジン制御を車が判断し、適切な荷重移動をサポートしてくれる機能です。
タイヤのグリップを効率良く使うことができ、無駄なエネルギー消費を抑え、燃費向上・安定性向上に繋がります。

まとめ

マツダ 新型 CX-5の情報はいかがだったでしょうか。
11月16日にロサンゼルスで開幕する、「ロサンゼルスモーターショー」にて、「新型 CX-5」を世界初公開予定です。
「新型 CX-5」が楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。