2017年ダイハツ マイナー・フルモデルチェンジ情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年ダイハツ マイナー・フルモデルチェンジ情報

ダイハツは2017年タントやミライースのフルモデルチェンジを予定しています。
この記事では、ダイハツ2017年最新マイナー・フルモデルチェンジ情報をまとめました。

ダイハツ ミライース(2017年6月以降)フルモデルチェンジ

・車両重量軽減
現行モデルは730㎏~790㎏。
目標はスズキ アルトと同じ650㎏と言われています。
次世代プラットフォーム「DNGA」を採用予定。

・燃費向上
現行モデルは、燃費37,0km/L(JC08モード)。
目標は燃費40,0km/L(JC08モード)と言われています。

長年ライバルのスズキ アルト。
現行モデルのスズキ アルトが燃費37,0km/L(JC08モード)を実現させています。
また今回予定されているアルトのマイナーチェンジでは、目標:燃費40,0km/L(JC08モード)と言われています。
ミライースも燃費40,0km/L(JC08モード)を超えてくると予想されています。

・ミライース コンセプトカー
2015年 東京モーターショーでコンセプトカーを発表しました。
コンセプトカー「D-BASE」が新型ミライースの原型なると予想されています。

img_d-base1_400

img_d-base2_400

img_d-base3_400

img_d-base4_400


出典:ダイハツ工業

img_new1-32017年ダイハツ ミライース フルモデルチェンジ情報

ダイハツ タント(2017年10月)フルモデルチェンジ

・走行安定性を向上
現行モデルよりも全高を下げ、走行安定性を向上させる予定。
全高を下げると室内高も低くなってしまいますが、新型タントは低床設計を採用することで今まで通り室内空間を広く保つことを実現に。
また全高を下げることにより、更に乗り降りが楽になり、使い勝手が良くなることが期待できます。

・燃費向上
現行モデルは、燃費28,0km/L(JC08モード)。
目標はスズキ スペーシアの32,0km/L(JC08モード)と言われています。
これが実現すれば、より魅力的な燃費になります。
特に子育て中のママに人気の車種なので、家計にもより優しい車になります。

・多彩なシートアレンジ
現行モデルでもシートアレンジが多彩ですが、フルモデルチェンジ後はより使いやすく、更にシートアレンジが多彩になると予想されています。

・安全性能向上
現行モデルに搭載されている、「スマートアシストⅡ」がより進化する予定と予想されています。
現在は5つの機能を可能としていますが、今回はどのような機能が追加されるのでしょうか。
・衝突回避支援ブレーキ機能
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方)・(後方)
・先行車発進お知らせ機能

※スマートアシストⅡとは:レーザーレーダーを用いて、車両前方を監視するシステムに単眼カメラを追加もの。

img_tanto_3model_800
出典:ダイハツ工業

img_new1-32017年ダイハツ タント フルモデルチェンジ情報

まとめ

ダイハツの人気車種が2017年マイナー・フルモデルチェンジ予定です。
新しい情報が更新され次第、こちらでも随時アップ予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。