2017年ステップワゴン ハイブリッドが登場|燃費は28km/L?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年ステップワゴンにハイブリッドモデルが追加されると噂があります。
現時点での情報をまとめました。

2017年 ステップワゴン ハイブリッドモデル追加

ステップワゴンってどんな車?

初代ステップワゴンは1996年5月に発売開始しました。
シンプルなデザイン、使い勝手の良さなどから、新しいミニバンとして大人気車種となりました。
初代ステップワゴンが登場してから、今年で20年。

1997年から1999年までの3年間、ミニバン部門の新車販売台数、第1位を獲得しています。

なぜハイブリッドモデルを追加するのか?

ライバル車種のトヨタ ヴォクシー、日産 セレナにはハイブリッドモデルが存在しますが、まだステップワゴンにはハイブリッドモデルが存在しません。

2015年4月にモデルチェンジを行い、5代目のステップワゴンが登場しました。

しかし5代目のステップワゴンは販売開始から1年目にして、売上が落ち込んでいます。
この状況を打破する為にハイブリッドモデルを追加するということのようです。

img_stepwgn_hikaku

2015年4月にモデルチェンジをし、5月の販売台数はトヨタ ヴォクシーを上回っていますが、6月にはトヨタ ヴォクシーに負けてしまっています。

また2010年11月~2016年8月までの約6年間モデルチェンジをしてこなかった日産 セレナにも、今年1月~3月の3ヶ月間販売台数が下回っています。

トヨタ ヴォクシーも日産 セレナも安定的な販売台数を保っており、ステップワゴンは太刀打ちできません。

今回ステップワゴンにハイブリッドモデルを追加することで挽回することができるのでしょうか?

img_stepwgn_5model_500
出典:本田技研工業

ステップワゴン ハイブリッドの発売時期は?

2017年4月以降、2017年5月~9月頃と予想されています。

2017年ステップワゴン ハイブリッド マイナーチェンジ予想

ハイブリッドエンジン搭載

候補に挙がているハイブリッドエンジンは2種類あります。
アコード・オデッセイに搭載されている、中型車用の2L 2モーター式ハイブリッドエンジン。
ジェイド・ヴェゼルに搭載されている、小型車用の1,5L 1モーター式ハイブリッドエンジン。
この2種類になります。

ステップワゴンは微妙なサイズで、
同じ3列シートのミニバンでも少しだけ小さいジェイドは1,5L 1モーター式ハイブリッドエンジン搭載。
少しだけ大きいオデッセイは2L 2モーター式ハイブリッドエンジン搭載しています。

ステップワゴン ハイブリッドは、
1,5L 1モーター式ハイブリッドエンジン搭載するようです。

気になる燃費は?

同じハイブリッドエンジンを搭載している、
ジェイド:燃費25,0km/L
ヴェゼル:燃費27,0km/L

ステップワゴン ハイブリッドの目標燃料は28,0km/Lと言われています。
この燃費はライバル車種のトヨタ ヴォクシーの燃費23,8km/Lを超えてきます。

デザイン

ハイブリッド車とガソリン車でデザインの区別をつける可能性があります。

・フロントマスクの変更
・ハイブリッド車専用のボディカラー
・ハイブリッド車専用のインテリアカラー
・ハイブリッド車専用のメーター

・全長×全幅×全高 4,735mm×1,695mm×1,840mm

販売価格

予想販売価格:270万円~くらいからいと言われています。

まとめ

ステップワゴン ハイブリッドの情報はいかがだったでしょうか。
ライバル車種に負けないくらいのインパクトがないと、ライバル車種に対抗するのは難しいと思います。
どこまで挽回できるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。