カーリースの場合、自動車税や車検費用は誰が支払うのでしょうか。自動車税などについてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

頭金を準備する必要がなく、自動車をローン購入をするよりも比較的審査が厳しくないと言われてるカーリース。
気軽に自動車を利用できるとあって、人気が高まっています。
人気の理由はそれだけではないようです。
月々支払う料金に色々なものが含まれているという点も人気の理由のようです。
ここでは月々の料金にどういったものが含まれているのかまとめました。

自動車税などが含まれている。

月々の料金には、車体価格、オプション代などの他に実際自動車を自動車を取得する・維持する際に必要な金額などが含まれています。
主に下記の項目が含まれています。

  • 登録諸費用
  • 自動車取得税
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 車検代
  • 定期点検

諸費用や自動車税、自賠責保険などは全て含まれている為、自分自身で自動車を購入した場合、一時的にまとまったお金が必要になりますが、カーリースの場合それはありません。
リース会社によっては全てのメンテナンス費用が含まれているプランもあり、オイル交換やタイヤ交換などで利用することができ、別途お金がかかるということがなくなります。
その分、自動車に月々どれくらいお金がかかるのか分かりやすく、家計のやりくりが楽になるという利点があります。

任意保険

任意保険については、リース会社によって、月々の料金に含まれている場合と含まれない場合があります。
また含まれませんが契約時に必ず別途自動車保険に加入することを義務つける場合があります。
車両保険も含めて加入することをおすすめします。

まとめ

自動車税や車検などは含まれ、まとまったお金の準備が不要となると、家計のやりくりが大変楽になり、その他の計画が立てやすくなると思います。。
またプランによっては、メンテナンス代も含まれているということなので、安心して自動車が利用できますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。