車のリース、解約可能?違約金は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

img_okane1

カーリースは解約できる?
自動車を購入しなくても気軽に自動車を利用することができるカーリース。
カーリースは自動車を購入するのではなく、期間を決め、月々定額を支払い自動車に乗ることができます。
通常3年、5年、7年契約ですが、途中で自動車が不要になった場合、解約はできるのでしょうか?
ここではカーリースは解約できるのか、解約できる場合、違約金は発生するのかなど、解約についてまとめました。

カーリースの解約

一般的にカーリースは途中解約ができません。
事故などのやむを得ない理由で解約となるケースを除いて、解約をすることはできない契約になっています。
但し、一部リース会社によっては途中解約を希望した場合、違約金・解約金を支払えば途中解約できる場合もあるようです。

違約金とは?

途中解約したした場合の違約金計算方法の一例を紹介します。
1、未払いリース料
2、損害金
3、残期間分リース料
4、事務手数料
5、残存価格
主に上記5つを加算した合計を請求されるようです。
また事務手数料や解約の時にかかった費用が発生した場合、別途加算されます。

殆どのリース会社では途中解約をしたことによりリース会社が損害を被ったことに対する「損害金」を支払わなければいけないようです。

途中解約をするにあたり、かなりの金銭的負担を強いられます。
また違約金は基本的に一括支払いしなければいけません。

リース会社によって違約金が違う為、念のため確認することをお勧めします。

計画性をもって

カーリースで途中解約するのは、大きな事故を起こし修復不可能になった場合、または盗難に遭ってしまった場合などです。
車が飽きてしまったから、家族が増えたから大きな車に買い替えたいと思っても簡単に途中解約できるわけではありません。
やむを得ずという状況でも途中解約となった場合、大きなお金が動くことになります。

カーリースは気軽に自動車に乗ることができる便利なサービスですが、基本的には解約できないので、しっかり契約期間・車種などを選び、安全運転を心がける必要があります。

まとめ

気軽に契約でき、自動車を利用することができるカーリースですが、ちゃんとした計画性がないと大きな出費をすることになるので、注意が必要です。
3年後、5年後、7年後を見据えて車種などを選び、契約する必要があります。
契約する時は解約するとは思っておらず、解約などについてはあまり深く聞かないことが多く、リース会社もちゃんとして説明をしないケースが殆どだと思います。
ですが万が一に備え、契約時に解約になった場合、違約金は発生するのかなど質問した方が安心して利用のではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。