リース走行距離制限とは?|リースの走行距離制限についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よく耳にする、「カーリースの走行距離制限」
走行距離制限とは?
走行距離制限を超えるとどうなるの?
月々の支払い金額が変わってきてしまう?
カーリースは年間の走行距離が決まっていると言われています。
走行距離を超えた場合どうなってしまうのかなど、まとめました。

カーリース年間走行距離が決まっている?

カーリースでは契約時に走行距離を選べるタイプと、最初から走行距離が設定されてるタイプがあります。
年間どれくらい利用するのか計算し、タイプを選ぶ必要があります。

走行距離制限がないカーリース会社も!

「仕事で長距離を運転するので、走行距離制限があるプランには申込みできない。」
「長距離通勤で使用するので走行距離制限で申込みできない。」
そういった方での諦めるのはまだ早い!
年間の走行距離制限を設けていないカーリース会社もあるようです。
しかし年間の走行距離制限を設けていない場合、主に新車ではなく、中古車をリースしているケースが殆どのようです。
走行距離でカーリースの利用を諦めていた方!
最近は走行距離を設けていないカーリース会社が増えてきているので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

走行距離が超えた場合どうなる?

・走行距離を選ぶタイプ
・最初から走行距離が設定されているタイプ
上記2つで設定した場合でも、走行距離を超過した場合は追加料金が発生します。

但し、1km単位で細かく超過料金が発生する場合と、多少の超過分は多めに見てくれる場合に分かれているようです。
カーリース会社によっては超過1kmにつき、3円~10円程度追加料金を契約終了時に支払わなければいけない場合があります。

[例]仮に超過1km毎に8円の追加料金を請求される場合。
10,000km超過の場合:80,000円
20,000km超過の場合:160,000円 となります。

カーリース会社によって異なるので、契約前に必ず確認し、終了時に損をしないようにしましょう。

また追加料金を支払う場合、基本的に一括支払いが原則のようです。

あまり走行距離を走らなかった場合

契約時に走行距離の設定を行いますが、
「仕事でも使うから年間2,000kmで契約」
「仕事と通勤で使用するから年間2,500kmで契約」
しかし実際は思った以上に距離は走らず、年間1,000kmの利用で返却した場合、少しでもお金が戻ってくるのでは?と考える方もいるかもしれませんが、基本的に返金はされません。
年間どれくらい使用するのか、年間の走行距離をちゃんと管理できないと損をしてしまう可能性があります。

まとめ

契約した走行距離を超えた場合、あまり走らず殆ど乗らなかった場合でも、損をしてしまう可能性があります。
年間どれくらい利用するのか。
3年契約の場合、総距離はどれくらいになるのか。
ちゃんと調べ契約するタイプを選ぶ必要があることがわかります。
契約終了後に損をしない為にも契約前はしっかりと調べ、自分にあったプランを見つけることが大事ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。