個人カーリース|車庫証明の流れについてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

契約後に必要な車庫証明
カーリースを契約するにあたり必要な書類が車庫証明となります。
車庫証明を取るにはどうすればいいのか。
どこで取得することが可能なのか。
こちらの記事では車庫証明を取得するまでの流れをまとめました。

車庫証明とは。

簡単に言えば、「車庫を持っていることを証明すること」です。
リースで車を利用する場合、車を購入する場合と同様に車庫証明する必要があります。

車庫証明取得までの流れ

1、車庫証明申請書類を用意

最寄りの警察署(車を保管する場所)の窓口で「車庫証明申請書類」をもらって来ます。
書類は無料でもらうことができます。

・自動車保管場所証明申請書(4~5枚複写式、地域によって異なるようです。)
・保管場所の所在図・配置図
・保管場所使用権原疎明書面(自認書)
(自己所有の駐車場がある場合に必要)
・保管場所使用承諾証明書
(既に駐車場を借りている、または新規で借りる場合に必要)

2、必要事項を記入

・自動車保管場所証明申請書(4枚~5枚複写式)
①車検証を確認し、「車名」・「型式」・「車台番号」・「自動車の大きさ」を記入します。
②自動車の使用の本拠の位置⇒住民票に基づく、お住いの住所
 自動車の保管場所の位置⇒駐車場(車の保管場所の住所)
※保管場所標章番号⇒保管場所標章番号(既に交付されている場合)を記入します。
③申請する「警察署名」・「申請日」・「住所」・「氏名」・「電話番号」を記入し、捺印します。
④連絡先:「氏名」・「電話番号」を記載します。

自己所有の駐車場がある場合

①保管場所使用権原疎明書面(自認書)
該当する箇所を○で囲み、「申請する警察署名」・「申請日」・「住所」・「氏名」・「電話番号」を記入し、捺印します。
②保管場所の所在図・配置図
・所有図記載欄⇒自宅周辺の地図を記入します。
・配置図記載欄⇒敷地内の駐車位置をわかりやすく寸法と共に記入します。

既に駐車場を借りている、または新規で借りる場合

①保管場所使用承諾証明書
・保管場所の位置⇒駐車場の住所
・使用者⇒「お住いの住所」・「電話番号」・「氏名」を記入します。
・使用期間⇒駐車場の所有者(大家さんや管理会社)より、「日付」・「住所」・「氏名」・「電話番号」を記入し、捺印してもらいます。
②保管場所の所在図・配置図
・所有図記載欄⇒駐車場と自宅周辺の地図を記入します。
(駐車場が自宅から離れている場合、駐車場と自宅の間に線を書き入れ、距離を記入します。)
・配置図記載欄⇒駐車場内の位置をわかりやすく寸法と共に記入します。

3、車庫証明申請書類を申請

上記で準備した書類を最寄りの警察署窓口に申請します。
不備がない場合、その場で証紙を購入・添付し提出します。
(証紙の価格は地域によって異なります。)
その場で交付日が提示されます。
※受取場所:申請書類を提出した警察署窓口または自家用自動車協会になるので、申請時に確認しましょう。
※地域により異なりますが、車庫証明は提出後の約4日後に交付されます。
※申請後に調査員が保管場所を確認する為に訪問します。
(この時の立ち合いは不要です。)

4、車庫証明の受取

指定の期日に車庫証明が交付されるので受取りに行きます。
※受取場所:申請書類を提出した警察署窓口または自家用自動車協会になるので、申請時に確認しましょう。

5、書類が揃ったら

リース会社に提出します。

※地域によって手続きや手続き記入方法が違うようです。警察署で確認しましょう。

まとめ

自動車保管場所証明申請書などと聞くと、難しい申請のようですが思っていた以上に簡単な申請だと思います。
地域によって、申請方法がことなるようなので地域の警察署に確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。