おすすめ車種

デイズルークスをリースした場合の料金を比較してみました。

新車を購入した場合とリース車を利用した場合、どちらがよりコストを抑えて車を利用できるのか。
1番気になるのは「価格」だと思います。
一括で車を購入するのと、リース車を利用するのとではどちらがお得なのかまとめました。

日産 デイズルークスで価格比較

日産 デイズルークスは2014年2月に発売されました。

室内が広々しており、軽自動車規格の限界まで車体サイズを拡大しており、他社との差は殆どありません。
シートの評価が高く、クッションは厚みがあり、柔らかく、手触りもとても良いと高評価。
乗り心地が良く、重厚感があり、落ち着いているとこちらも高評価のようです。

・メーカー:日産
・車種:デイズルークス
・グレード:X Vセレクション
・排気量:660cc
・駆動:2WD
・燃費:22,0km/L
・色:ブラックパール

img_dayzroox_1model_b
出典:日産自動車

1)期間:5年間(60ヶ月)のリース/使用した場合
2)メーカー購入:一括支払い
3)頭金:無し
4)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

dayzroox_hikaku

まとめ

1番コストを抑えて利用できるのは一括支払いでした。
1番価格が高かったカーリースB社と比べ、差額:264,411円でした。
一括購入・リースを利用する。どちらにもメリット・デメリットがあります。
どのくらい乗り続けるのか。
どれくらいの頻度で乗り換えるのか。
利用頻度 などでも、車を利用する方法は変わってくると思います。
大きな買い物の1つ、車。
損をしない為にもじっくり考え、自分に合った購入方法を見つけてください。

エクストレイル リースした場合の値段は?比較してみました。

新車購入するのと、リース車を契約するのとでは、どちらがお得なのか。
どれくらい費用がかかるのか、1番気になるポイントだと思います。
今回は車を一括購入した場合とリース車を利用した場合、どちらがよりコストを抑えられるのか。まとめました。

日産 X-TRAIL(エクストレイル)で価格比較

日産 X-TRAILは2000年10月に発売を開始しました。
現行車は2013年12月に発売された3代目になります。

ホンダ ヴェゼルの次に2016年上半期販売台数No.2のX-TRAIL。
雪道や悪路での安定感。濡れても大丈夫な防水シート。
スノーボードや雪山に行く若い世代に人気があり、最近ではハイブリッド車も登場し、売上を伸ばしています。
スノーボード・サーフィン・アウトドアをする方にとって、非常に人気が高い車種のようです。

・メーカー:日産
・車種:X-TRAIL
・グレード:20Xt “エマージェンシーブレーキ パッケージ” [2列]
・排気量:2,000cc
・駆動:4WD
・燃費:16,0km/L
・色:ブリリアントシルバー

img_xtrail_3model
出典:日産自動車

1)期間:5年間(60ヶ月)のリース/使用した場合
2)メーカー購入:一括支払い
3)頭金:無し
4)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

x-trail_hikaku

5年間車を利用した場合、1番コストが低かったのは、カーリースA社でした。
一括支払いとの差額は24,269円でした。
5年後には新車に乗り換えたい。少しでもコストを抑えたい。一括で支払うのは難しい。という方はカーリースが合っていると思います。
グレードや装備品によって価格が異なるので、ぜひシミュレーションをお試しください。
自分の合った購入方法が見つかると思います。

まとめ

一括で支払いをした方が安く利用することができると思っていましたが、フルメンテナンス付きのカーリースが1番コストを抑えて車を利用することができると知り、ビックリです。
コストを抑えるには一括購入しかないと思っていましたが、リース車は月額一定で頭金不要のところが多いので、車種によってはリース車でもコストを抑え、まとまったお金を準備しなくても車を利用することができると知りました。

日産ノート 購入とリース、どちらがお得?

新車を購入するのと、リース車を利用するのとではどちらがお得なのか。
最近リース会社のテレビCMを見かける方も多いと思います。
この記事では車を一括で購入した場合とリース車を利用する場合、月額どれくらいで利用することができるのか価格を比較しました。

日産 ノートで価格比較

日産 ノートは2005年1月に発売を開始しました。
現在車は2012年月に発売された2代目ノートになります。

後部座席への荷物の積み込み・子供の乗り降りが楽。
大人が足を伸ばしてゆったり座ることができ、乗り心地が良い。
またベビーカーを積んでも、荷物がたくさん乗せることができるのでファミリーにオススメ。のようです。
しかし広々していて快適・実用的だが車好きの方からすると物足りなさを感じる方もいるかもしれないという声も。
快適さ・実用性が重要視されているようです。

2016年11月2日には、ハイブリッドモデル(e-POWER)を発売予定。
EV(電気自動車)+レンジエクステンダー付き(発電用エンジン)を採用予定。
燃費予想は38,0km/L(JC08モード)
こちらの方の発売も気になります!

・メーカー:日産
・車種:ノート
・グレード:X DIG-S Vセレクション+SafetyⅡ
・排気量:1,200cc
・駆動:2WD
・燃費:26,2km/L
・色:スーパーブラック

img_note5
出典:日産自動車

1)期間:5年間(60ヶ月)のリース/使用した場合
2)メーカー購入:一括支払い
3)頭金:無し
4)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

note_hikaku

一括で購入した方が約33万円も安くノートを利用することができるようです。
長い期間車を利用することを考えると、購入時の出費は大きいですが、トータル的には1番安く済みます。
まとまったお金を準備することができない方は、リース車の利用がいいかと思いますが、1番金額を抑えてノートを利用するのは、「一括購入」という結果になりました。
(グレードなどで結果が変わる可能性があります。)

11月2日に新型「日産 ノート e-POWER」発売開始!

2016年11月2日に発売を開始した、新型「日産 ノート e-POWER」。
気になる燃費は?
価格はいくらなのか?

日産 ノートってどんな車?

日産 ノートは、2005年1月に販売を開始。
日産 マーチなどにも採用されている、「Bプラットフォーム」をベースに開発されました。
ノートは日産の中でも主力のコンパクトカーです。

2016年上半期販売台数、第5位にランクインした人気車種。

コンパクトながら十分な室内空間を持ち、小回りが利き、乗り心地も良い。
またボディカラーも豊富で、デザインも親しみやすく、今では老若男女問わず人気がある車種の1つです。

日産 ノートは、日産の主力車種でコンパクトカーの中でも安定した販売台数を誇っていますが、最近はハイブリッドカーのトヨタ アクア、ホンダ フィットに押され気味でした。
日産 ノートもそろそろハイブリッドシステムモデルを発売するのではないかと言われ続け、遂に日産は「e-POWER」と呼ばれる、EV技術を活かしたハイブリッドシステム搭載モデルを発売しました。

新型 日産 ノート 最大のポイント「e-Power(eパワー)」

今回発売を開始した、日産 ノートの最大の注目ポイントは、「e-Power(eパワー)」と呼ばれるEV技術を活かしたシリーズです。

日産自動車㈱CEO カルロス・ゴーン氏は、新型 日産 ノート e-POWERについて、「軽快な走行性能と高い燃費性能を両立し、国内外販売共に成長していくだろう」と述べています。

新型 日産 ノートの燃費は?

燃費:37,2km/L(JC08モード)は、国内のコンパクトカーでは低燃費 No.1!

ライバル車種を比較してみると、
トヨタ アクアの燃費:37,0km/L(JC08モード)
ホンダ フィットの燃費:36,4km/L(JC08モード)

【e-POWER】
日産 ノート e-POWER S
37,2km/L(JC08モード)

日産 ノート e-POWER X
日産 ノート e-POWER MEDALIST
34,0km/L(JC08モード)

【ガソリンタイプ】
2WD
日産 ノート S
日産 ノート X
日産 ノート MEDALIST X
23,4km/L(JC08モード)

日産 ノート X DIG-S
日産 ノート MEDALIST
26,2km/L(JC08モード)

4WD
日産 ノート X FOUR
日産 ノート X FOUR スマートセーフティエディション
日産 ノート MEDALIST X FOUR
日産 ノート MEDALIST X FOUR スマートセーフティエディション
18,2km/L(JC08モード)

新型 日産 ノートの販売価格は?

新型 日産 ノートの販売価格は、以下の通りです。

【e-POWER】
日産 ノート e-POWER S
164,1万円(税別)

日産 ノート e-POWER X
181,4万円(税別)

日産 ノート e-POWER MEDALIST
207,8万円(税別)

【ガソリンタイプ】
2WD
日産 ノート S
129,0万円(税別)

日産 ノート X
138,5万円(税別)

日産 ノート MEDALIST X
150,7万円(税別)

日産 ノート X DIG-S
161,0万円(税別)

日産 ノート MEDALIST
183,8万円(税別)

4WD
日産 ノート X FOUR
158,5万円(税別)

日産 ノート X FOUR スマートセーフティエディション
169,2万円(税別)

日産 ノート MEDALIST X FOUR
170,7万円(税別)

日産 ノート MEDALIST X FOUR スマートセーフティエディション
178,7万円(税別)

新型 日産 ノートのボディカラーは全13色

新型セレナと同様に、V字型に張り出されたフロントマスクが特徴的です。
ボディカラーも豊富で全13色の中から選べます。

img_note1

img_note2

img_note3

img_note4

img_note5

img_note6

img_note7

img_note8

img_note9

img_note10

img_note11

img_note12

img_note13


出典:日産自動車

img_note_1_500
出典:日産自動車

img_note_2_500
出典:日産自動車

img_note_3_500
出典:日産自動車

img_note_4_500
出典:日産自動車

img_note_5_500
出典:日産自動車

img_note_6_500
出典:日産自動車

img_note_7_500
出典:日産自動車

新型 日産 ノート「プロパイロット」の搭載は無し

新型セレナに搭載されている、同一車線自動運転技術「プロパイロット」は、新型ノートには搭載されていません。
ノートに自動運転技術が搭載されるのは、次回のモデルチェンジ後となりそうです。

日産 ノート「e-Power(eパワー)」、リース可能?

現時点(2017年11月)で、各リース会社を確認しましたが、新型 日産 ノート e-POWERをリース契約できるところはまだないようです。

まとめ

一括で支払う場合、まとまったお金が必要ですが長期で考えた場合、プラスになることが多いと個人的には思います。
リース車を利用する場合、車両代金は毎月発生するので、長期で車を利用する予定の方は購入した方がコスト的にも安く車を利用できるのではないかと思います。

リース車を利用した場合と購入した場合どちらがお得なのか。人気車種フォレスターで比較してみました。

最近人気があるカーリース。
気軽に車を利用することができ、頭金も不要・メリットも多くあると聞きますが、料金的にはどうなのでしょうか?
今回は新車をローンで購入した場合と新車をリースした場合、金額がどれくらい差があるのかまとめました。

スバル フォレスターで比較

スバル フォレスターは1997年2月に発売開始されました。
現行車は2012年に発売された、4代目のフォレスターになりまう。

運転が楽しくなる車。
運転席からの視界がとても良く、他の車種に比べても全然違う。
本当に車内が静か。 など様々な声が。
しかし収納スペースなどが少なく、男性向けの車という声も。

・メーカー:スバル
・車種:フォレスター
・グレード:2.0i-L EyeSight
・排気量:2,000cc
・駆動:4WD
・燃費:16,0km/L
・色:アイスシルバー・メタリック

img_forester_4model_500
出典:富士重工業

1)ローン金利:3,90%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

forester_hikaku

カーリースA社が1番価格が安く、約320万円でした。
カーリースA社はメンテナンスもフルで利用することができるので、お得です!
毎月車にかかる金額がわかり、その他の家計の計画も立てやすくなると思います。

まとめ

カーリースA社とローン購入との差は約52万でした。
この差はかなり大きいのではないでしょうか。
またカーリースB社が1番高く、フォレスターを利用する場合、メリットはあまりないと感じます。

レヴォーグをリースした場合と購入した場合の料金を比較しました。

新車をローンで購入した場合・新車をリースした場合、どれくらい金額に差が出るのでしょうか。
近年、個人向けのプランが充実し、個人の方でもカーリースを利用する方が年々増えてきています。

新車をローン購入した場合と新車をリースした場合、どれくらい金額に差が出るのか比較してみました。
参考にして下さい。

スバル レヴォーグで比較

スバル レヴォーグは2014年6月に発売を開始しました。
初代レガシィに比べ少し大きくはなりますが、インプレッサよりはゆとりがあり、大人5人が乗っても窮屈に感じず、シートも良く、乗り心地がいいとの評判も。
また走っていて楽しく、加速は抜群で気持ちが良いという声も。

・メーカー:スバル
・車種:レヴォーグ
・グレード:1.6GT EyeSight
・排気量:1,600cc
・駆動:4WD
・燃費:17,6km/L
・色:クリスタルブラック・シリカ

img_levorg_1model_500
出典:富士重工業

1)ローン金利:3,90%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

levorg_hikaku

価格が1番安いカーリースA社とローン購入の差額は419,929円でした。
また1番高かったのがカーリースB社になり、約400万円です。
車種によっては、購入した方が安くすむということもあるようです。
ローンで購入する場合、リースを利用する場合、どちらにもプラス・マイナスがあるので、自分に合ったプランはどれなのか。
この表を参考にしていただければと思います。

まとめ

個人的にカーリースは購入するよりも安く車を利用できると思っていたので、カーリースB社が1番高いことに驚きました。
購入時期やグレードなどでも料金が変わってくるので、ぜひ皆さんもシミュレーションをお試しください。

スバル ステラ購入とリース、どちらがお得?

新車をローン購入した場合と新車をリースした場合、どれくらい金額に差があるのでしょうか?
法人向けのプランが多かったカーリース。
最近は個人向けのプランを充実させ、個人の方でもカーリースを利用する方が増えてきました。

新車をローンで購入した場合・新車をリースした場合、どちらの方がお得なのか価格を比較しました。
是非参考にして下さい。

スバル ステラで比較

『楽しい関係空間』をコンセプトに、室内広々空間を実現しました。
メインターゲットは女性。
1,000名以上からアンケートを取得し、乗り心地の向上・ベビーカーの乗せやすさ・チャイルドシートへの乗せやすさ・後席の乗りやすさ等に重点をおき、開発されたそうです。

2006年6月に発売開始し、現在車は3代目のステラになります。

・メーカー:スバル
・車種:ステラ
・グレード:L スマートアシスト
・排気量:660cc
・駆動:2WD
・燃費:31,0km/L
・色:ブラック・マイカメタリック

img_stella
出典:富士重工業

1)ローン金利:4,40%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

stella_hikaku

1番価格が高かったのは、カーリースA社でした。
ローン購入と比べ、差額:38,778円。
約4万円ですがローン購入の方が安くなるようです。

また1番価格が安かったカーリースB社とローン購入の差額は15,302円でした。

オプションやグレードなどで価格が変わりますが、頭金を用意できるようであれば、ローンで購入した方がお得だと思います。
ローン購入の場合、ローンの支払いが完了すれば、車両は自分の所有物になりますが、カーリースの場合、あくまでも車両はリース会社の所有になるので、契約終了後、自分の所有物にはなりません。
このような点もローン購入の方がいいのではないでしょうか。

頭金が用意できない、少しでも月々の料金を安くしたいという方はカーリースがオススメです。

まとめ

ローン購入でも、カーリースを利用した場合でもあまり差がありませんでした。
将来的に自分の所有物になるローン購入の方が個人的にはお得だと思います。

人気車種ステップワゴンをリースした場合の価格は?

車を購入するか、リース車を利用するか検討中の方もいらっしゃると思います。
新車を購入する場合と、リース車を利用する場合、どちらがお得なのでしょうか?
新車を購入した場合・リース車を利用した場合の価格を比較しました。
ぜひ参考にしてください。

ホンダ ステップワゴンで比較

ホンダ ステップワゴンは1996年5月に発売を開始しました。
現在の現行車は2015年4月にフルモデルチェンジをした5代目のステップワゴンになります。

多彩なシートアレンジが魅力で3列目をフラットにすることにより荷物もたっぷり積むことが可能。
色々なシートアレンジができるので自転車を乗せる、ベビーカーを畳まず乗せることも可能のようです。
またスライドドアのステップ高が390mmなのでお子様でも乗り降りがしやすいという声も。

・メーカー:ホンダ
・車種:ステップワゴン
・グレード:G Honda SENSING
・排気量:1,500cc
・駆動:2WD
・燃費:16,2km/L
・色:クリスタルブラックパール

img_stepwgn_500
出典:本田技研工業

1)ローン金利:3,5%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

stepwgn_hikaku

1番価格が安かったカーリースA社と1番価格が高かったローン購入とでは、283,694円の差額でした。
オプションや装備品・グレードなどでも価格が変わってくるので、検討中のグレードなどでシミュレーションしてみて下さい。
基本的に無料でシミュレーションをすることが可能です。

ステップワゴンってどんな車?

ステップワゴンは1996年に発売され、今年で20周年を迎えました。
広々した室内と実用性が高い多彩なシートアレンジ、また価格帯の広さなどから多くのユーザーの支持を得ています。

2017年にハイブリッドタイプを発売するという噂もあります。
詳しくはこちら

わくわくゲート

縦にも横にも開閉することができる、「わくわくゲート」
後方が狭い場所でも、開閉が楽にでき、荷物などの出し入れがしやすくなります。

またシートのアレンジ次第では、お子さんや大人まで通れるスペースができ、リアドアから乗り降りすることも可能となります。

img_stepwgn_5model_gete1

img_stepwgn_5model_gete2

img_stepwgn_5model_gete3


出典:本田技研工業

ステップワゴン ボディカラー・インテリア

ステップワゴンのボディカラーは以下の通りです。
※グレードによって、ボディカラー・インテリアは異なります。

【ボディカラー】

img_stepwgn_5model_2-1

img_stepwgn_5model_2-2

img_stepwgn_5model_2-3

img_stepwgn_5model_2-4

img_stepwgn_5model_2-5

img_stepwgn_5model_2-6

img_stepwgn_5model_2-7


出典:本田技研工業

【インテリア】

ing_stepwgn_interior1-1

ing_stepwgn_interior1-2

ing_stepwgn_interior1-3

ing_stepwgn_interior1-4


出典:本田技研工業

ステップワゴンの燃費は?

ステップワゴンの燃費は以下の通りです。

【2WD】
ホンダ ステップワゴン B
17.0km/L(JC08モード)

ホンダ ステップワゴン G・Honda SENSING
ホンダ ステップワゴン G・EX Honda SENSING
16.2km/L(JC08モード)

【4WD】
ホンダ ステップワゴン B
ホンダ ステップワゴン G・Honda SENSING
ホンダ ステップワゴン G・EX Honda SENSING
15.4km/L(JC08モード)

ステップワゴンの価格は?

ステップワゴンの販売価格は以下の通りです。

【2WD】
ホンダ ステップワゴン B
211,8万円(税別)

ホンダ ステップワゴン G・Honda SENSING
241,6万円(税別)

ホンダ ステップワゴン G・EX Honda SENSING
262,0万円(税別)

【4WD】
ホンダ ステップワゴン B
235,8万円(税別)

ホンダ ステップワゴン G・Honda SENSING
263,6万円(税別)

ホンダ ステップワゴン G・EX Honda SENSING
282,0万円(税別)

まとめ

ディーラーホームページでも見積もりを計算することが可能です。
検討中のグレードやオプション品を選択し、ぜひシミュレーションをお試しください。
皆さんのライフスタイルに合った、プランが見つかりますように。

人気車種ヴェゼルをリースした場合の価格は?

近年各リース会社、個人向けのリース車プランを充実させ、個人のお客様にも人気のリース車。
車を購入する場合とリース車を使用する場合とでは、どちらがお得なのか。
この記事では新車をローンで購入した場合とリース車を利用する場合、どちらがお得なのか価格を比較しました。

ホンダ ヴェゼルで比較

ホンダ ヴェゼルは2013年12月に発売を開始しました。
2014年~2016年上半期、日本国内のSUV市場で販売台数No.1。
若い世代を中心に大人気のホンダ ヴェゼル。
2013年12月に発売以来、絶大な人気を誇っています。

高級車並みの装備が充実しており、高級感のあるインテリア。
また車長がコンパクトなので、女性でも運転しやすいというところも人気のようです。

ただ後部座席がリクライニングが殆どできないので、ゆったり・リラックスというのは難しいようです。
またシートも少し硬めという意見が多かったです。

・メーカー:ホンダ
・車種:ヴェゼル
・グレード:RS Honda SENSING
・排気量:1,500cc
・駆動:2WD
・燃費:19,8km/L
・色:クリスタルブラックパール

img_vezel_1model_500
出典:本田技研工業

1)ローン金利:3,5%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

vezel_hikaku

ローン購入した場合、1番価格が高く3,259,626円でした。
1番価格が低かったカーリースA社と比べると、376,026円の差額でした。

リース車の場合、頭金や車検などまとまったお金が必要ないので、お金の準備をするのは難しいという方にはリースが合ってると思います。

ヴェゼルってどんな車?

上記でもお伝えした通り、発売以降、絶大な人気を誇り、国内SUV市場で販売台数No.1。

ライバル車種は、
マツダ CX-3

img_cx-3_1model_500
出典:マツダ

スバル XV

img_xv_2model_500
出典:富士重工業

日産 ジューク

img_juke_1model_500
出典:日産自動車

などが挙げられます。

また2016年12月14日に発売となった、プリウスSUV版「トヨタ新型SUV【C-HR】」対抗車とされています。

img_c-rh_1model_800
出典:トヨタ自動車

ヴェゼル ボディカラー・インテリア

ヴェゼルのボディカラーは以下の通りです。
※グレードによって、ボディカラーは異なります。

【ハイブリッドタイプ】

img_vezel_1model_1-1

img_vezel_1model_1-2

img_vezel_1model_1-3

img_vezel_1model_1-4

img_vezel_1model_1-5

img_vezel_1model_1-6

img_vezel_1model_1-7

img_vezel_1model_1-8


出典:本田技研工業

【ガソリンタイプ】

img_vezel_1model_2-1

img_vezel_1model_2-2

img_vezel_1model_2-3

img_vezel_1model_2-4

img_vezel_1model_2-5

img_vezel_1model_2-6

img_vezel_1model_2-7

img_vezel_1model_2-8


出典:本田技研工業

【インテリア】

ing_vezel_interior1-1

ing_vezel_interior1-2

ing_vezel_interior2-1

ing_vezel_interior2-2


出典:本田技研工業

ヴェゼルの燃費は?

ヴェゼルの燃費は以下の通りです。

【ハイブリッドタイプ・2WD】

ホンダ ヴェゼル HYBRID
27.0km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING
26.0km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z・Honda SENSING
23.4km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル HYBRID RS・Honda SENSING
25.6km/L(JC08モード)

【ハイブリッドタイプ・4WD】

ホンダ ヴェゼル HYBRID
23.2km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING
23.2km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z・Honda SENSING
21.6km/L(JC08モード)

【ガソリンタイプ・2WD】

ホンダ ヴェゼル G
20.6km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル X・Honda SENSING
20.6km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル RS・Honda SENSING
19.8km/L(JC08モード)

【ガソリンタイプ・4WD】

ホンダ ヴェゼル G
19.0km/L(JC08モード)

ホンダ ヴェゼル X・Honda SENSING
19.0km/L(JC08モード)

ヴェゼル販売価格は?

ヴェゼルの販売価格は以下の通りです。

【ハイブリッドタイプ・2WD】

ホンダ ヴェゼル HYBRID
210,1万円(税別)

ホンダ ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING
231,4万円(税別)

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z・Honda SENSING
247,2万円(税別)

ホンダ ヴェゼル HYBRID RS・Honda SENSING
256,4万円(税別)

【ハイブリッドタイプ・4WD】

ホンダ ヴェゼル HYBRID
230,1万円(税別)

ホンダ ヴェゼル HYBRID X・Honda SENSING
251,4万円(税別)

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z・Honda SENSING
267,2万円(税別)

【ガソリンタイプ・2WD】

ホンダ ヴェゼル G
177,7万円(税別)

ホンダ ヴェゼル X・Honda SENSING
196,2万円(税別)

ホンダ ヴェゼル RS・Honda SENSING
221,2万円(税別)

【ガソリンタイプ・4WD】

ホンダ ヴェゼル G
197,7万円(税別)

ホンダ ヴェゼル X・Honda SENSING
216,2万円(税別)

まとめ

ローン購入とカーリースB社の差額は約20万円でした。
両方メリット・デメリットがあると思いますので、色々な角度から考え、自分に合ったプランを見つけていただければと思います。

車をリースした場合の料金は?人気車種フィットで比較してみました。

最近は個人のお客様にも人気のリース車。
テレビCMなどで見かける方も多いのでは?
自分で車を購入した場合とリース車を利用した場合、どちらがお得なのでしょうか。
今回は車をローンで購入した場合とリース車を利用した場合の価格の比較をしました。
ぜひ参考にして下さい。

ホンダ フィットで比較

ホンダ フィットは2011年6月に発売を開始しました。
現在発売されている現行車は2013年9月にフルモデルチェンジをした、3代目のフィットです。

乗り心地が良いという方と悪いという方に意見が分かれます。
試乗し、乗り心地が良いか・悪いか。体感した方が良さそうです。
室内の広さ・燃費・装備・性能・価格などのバランスが取れている。コスパが良い。という声も。
また後部座席やトランクが広々しており、大人5人が乗ってもゆったり過ごせる十分な居住性を確保しているようです。

・メーカー:ホンダ
・車種:フィット
・グレード:13G Fパッケージ
・排気量:1,300cc
・駆動:2WD
・燃費:24,6km/L
・色:ミラノレッド

img_fit5_500
出典:本田技研工業

1)ローン金利:3,5%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

fit_hikaku

1番価格が高かったのはカーリースA社:2,242,080円、
もっと価格が安かったのはカーリースB社:2,142,680円でした。

ディーラーとカーリースA社との差額:35,680円
ディーラーとカーリースB社との差額:37,720円
ディーラーと各リース会社でそんなに差はありませんでした。

ローン購入の場合、ローン支払い完了後、自分の所有物になりますが、リースの場合あくまでも所有者はリース会社になり、契約終了後、車を返却しなければいけません。
長く同じ車を利用する予定の方は頭金などまとまったお金が必要ですがトータル的にはローン購入の方が安くなるのではないでしょうか。

まとめ

あまり差が感じられませんでした。
ローン購入した場合、支払い完了後は自分の所有物になり、車両代の支払いはしなくてもいいので、長期で同じ車に乗り続ける人にとっては、ディーラー購入がいいのではないでしょうか。

トヨタ アクアをリースした場合の料金はいくら?

新車を購入するのと、新車をリースするのとではどちらがお得なのか。
最近よくテレビCMでも見る、カーリース。
法人向けのプランが多かったリースですが最近は個人向けのプランも充実してきました。
今回は新車を購入した場合と新車をリースした場合の価格を比較しました。
是非参考にして下さい。

トヨタ アクアで比較

トヨタ アクアは2011年に発売を開始し、常に人気の高い車種です。
アクアはコンパクトで小回りがきき、とても運転しやすく、走行中もとても静かで快適に過ごせると評判のようです。
また燃費が良く、以前の車に比べ、ガソリンを入れる頻度が低くなったという声も。
しかしマイナスポイントは室内が狭く、小さなお子さんはいる家庭では室内が狭いので、少し不向きのようです。

・メーカー:トヨタ
・車種:アクア
・グレード:G
・排気量:1,500cc
・駆動:2WD
・燃費:37,0km/ℓ
・色:ブラックマイカ

img_aqua
出典:トヨタ自動車

1)ローン金利:7,80%
2)期間:5年間(60ヶ月)のリース/ローン支払い
3)頭金:無し
4)ボーナス支払い:無し

・オプション:無し

※2016年10月時点のデータとなります。
 金額など変わる場合があります。

aqua_hikaku

価格が1番高いメーカー購入と価格が1番安いカーリースB社では、差額497,629円、約50万円の差がありました。
グレードや装備品、価格交渉などで差額は変わる可能性はありますが、約50万円の差額は大きいと思います。
ローン支払い終了後、自分の所有物になる、ローン購入。
あくまでも車両はリース会社の所有物の為、リース契約終了後、自分の所有物にならない、リース。
5年後どちらを選択するかでも変わってくると思います。

アクアってどんな車?

アクアは、2011年12月に発売を開始し、発売当初から人気の高い車種の1つです。

「ミニプリウス」とも呼ばれている、アクア。
同クラスのコンパクトカーの中でもトップクラスです。

2013年にはプリウスを抜き、年間販売台数No.1。
2013年から2015年の3年間、年間販売台数 1位に輝いています。

2016年上半期、プリウスに次いで2位となっています。

アクア ボディカラー・インテリア

アクアのボディカラーは全14色。

img_aqua_1model_1

img_aqua_1model_2

img_aqua_1model_3

img_aqua_1model_4

img_aqua_1model_5

img_aqua_1model_6

img_aqua_1model_7

img_aqua_1model_8

img_aqua_1model_9

img_aqua_1model_10

img_aqua_1model_11

img_aqua_1model_12

img_aqua_1model_13

img_aqua_1model_14


出典:トヨタ自動車

ing_aqua_interior1-1

ing_aqua_interior1-2


出典:トヨタ自動車

アクアの燃費は?

トップクラスの燃費を誇る、アクア。

アクアの燃費は以下の通りです。

トヨタ アクア G“ブラックソフトレザーセレクション”
トヨタ アクア G
トヨタ アクア S
トヨタ アクア L
37,0km/L(JC08モード)

トヨタ アクア X-URBAN
33,8km/L(JC08モード)

アクア販売価格は?

アクアの販売価格は以下の通りです。

G“Gʼs”
225,1万円(税別)

トヨタ アクア X-URBAN
194,4万円(税別)

トヨタ アクア G“ブラックソフトレザーセレクション”
193,5万円(税別)

トヨタ アクア G
185,9万円(税別)

トヨタ アクア S
174,7万円(税別)

トヨタ アクア L
163,0万円(税別)

まとめ

最近は多くのリース会社が存在し、どこのリース会社を選べばいいか迷ってしまいますよね。
大きな買物の1つ、車。
損をしない為にも自分に合った車の利用方法を見つけられるかだと思います。
5年後に新車に乗り換える。という方はリース車がオススメだと思います。