車の窓凍結対策方法についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

yuki2

通勤で車を使わないといけない。
子供の送り迎えで車を使わないといけない。
なのに、冬の寒い朝はフロントガラスが凍結していて、直ぐに運転できないという時ありますよね。
今年もそんな季節が近づいてきました。
車のフロントガラスの凍結を防止する為の対策についてまとめました。

フロントガラスが凍結する原因

そもそもなぜ凍結してしまうのでしょうか。
フロントガラスの外側が凍結してしまう原因は降雪や降雨によるもの、また放射冷却によって凍結します。
※放射冷却とは?
空気中の蒸発した水分が太陽が沈んで夜になると気温が下がり、湿った空気は冷やされ凍結し、霜になって降り注ぐ現象。

フロントガラスが凍結を防止する対策方法

フロントガラスにカバーをかける。

①凍結防止シート(霜よけシート)

カー用品店やインターネットにて購入可能。
価格は安いもので1000円以下で購入できるようです。

②ブルーシート

100均などで購入可能。
飛ばされてしまう可能性があるので、ドアに挟んで固定するなどの対応が必要になります。

③毛布

不要になった毛布を被せている方もいるようです。
この場合もブルーシートと同様に飛ばされる可能性があるので、固定する必要があります。

フロントガラスに撥水加工し、予防する。

フロントガラス表面に撥水剤を塗り、撥水加工をすることにより、凍結はしてしまいますが、解氷する時間を短縮することが見込めます。
また撥水加工をすることにより、凍結を予防することができます。

もし車の窓が凍結した時はどうしたらいいの?

車の窓が凍結しないように対策をしても、凍結してしまう場合もあります。
そんな時は「解氷スプレーで素早く溶かす!」

解氷スプレーはホームセンターやカー用品店なので購入することができます。
価格は500円~1,000円くらいで購入することができるんで、リーズナブルだと思います。

凍結した車の窓の全体にスプレーを吹きかけると、溶けていきます。
スプレーを吹きかけてからワイパーを動かすと奇麗になり、視界が良好になります。

車の窓が凍る前に予め解氷スプレーをかけておくことで、凍結予防にもなります。

・おすすめの解氷スプレー

①KURE(呉工業) アイスオフ 2155 [HTRC2.1]

img_kure

楽天市場で商品をチェックする

Amazonで商品をチェックする

②Holts(ホルツ) ディ・アイサーR400 MH532 [HTRC2.1]

img_holts

楽天市場で商品をチェックする

Amazonで商品をチェックする

③古河薬品工業(KYK) 解氷スプレートリガー 500ml [HTRC3]

img_kyk1

楽天市場で商品をチェックする

Amazonで商品をチェックする

④PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア ジェット解氷スプレー [HTRC2.1]

img_prostaff

楽天市場で商品をチェックする

Amazonで商品をチェックする

⑤SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 解氷ガラコダブルエッジ 330ml 04164 [HTRC2.1]

img_soft99

楽天市場で商品をチェックする

Amazonで商品をチェックする

更にウインドウォッシャー液も解氷タイプを使用しておくとパワー倍増に!

・古河薬品工業(KYK) ウインドウオッッシャー 解氷撥水ウォッシャー液 2L -60℃[HTRC3]

img_kyk2

楽天市場で商品をチェックする

Amazonで商品をチェックする

注意事項

車の窓に熱湯は厳禁!!
詳しくは、下記内容をご確認ください。

車の窓が凍結した時、熱湯は厳禁

早く解かしたいからお湯をかける。
みなさん最初に思いつくのは「お湯」ではないですか?
けど絶対やってはいけないのが、「熱湯」をかけることです。
ガラスは急激な温度変化に弱く、フロントガラスは事故などの衝撃時にガラスが散乱しないように複数構造となっています。

お湯をかけたことにより、急激な温度変化でフロントガラスが割れてしまう危険性があります。
またお湯をかけた瞬間は解けますが、外気との温度差のせいでまた直ぐに凍結してしまい、悪循環が起きる場合があります。

まとめ

朝の時間はかなり貴重な時間ですが、車で出勤する方にとってかなり負担となるのがフロントガラスの凍結だと思います。
凍結しなければ、あと少しゆっくり寝れたのに。ゆっくりできるのに。と思いますよね。
私もお湯かければ早いじゃん。と思っていましたが、絶対NGなんですね。気を付けないと。
上記の対策方法で時短になればいいのですが。
是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。